東京−札幌の引越し費用 料金相場はだいたいいくら?

東京から札幌に引越しを考えている方、札幌から東京に引越しを考えている方は長距離なので引越し料金がどれくらいかかるのか気になりますよね。

 

実際に業者選びを怠ったために50万円以上の高額の料金が掛かってしまったという人が私の身内にいたりします。。

 

東京と札幌のような長距離では数十万円の費用差が業者の違いによって起こりうることを知りました。

 

でもこれはある意味仕方のないことなのかもしれません。転勤をよくする方じゃなければ、東京と北海道間のような長距離引越しの適正な価格がどのくらいなのか?普通は知らないですからね。

 

まずは東京−札幌間の引っ越し料金の目安を知ること!

なのでまずは東京−札幌間の引越し料金の目安を知っておくと引越し業者を選びやすくなります。では、東京〜札幌間の引越し料金の目安はというと

 

東京と札幌間の引越し

移動距離にして約840kmで

  • 単身者で5〜15万円位
  • 二人世帯で12〜35万円位
  • 四人家族で15〜45万円位

というのがおよその費用帯となるようです。もちろんこれは、あくまでも目安なので荷物量が多い方やや引越しの繁忙期などは割増となることもありますのでこの点は注意してください。

 

東京ー札幌の引越しで損をしないためには見積もり比較が必須です!

東京と札幌間の引越し

この目安料金を基準として各業者の引越し料金を見積もりで比較してみましょう。

 

見積もりは数年前であれば、引っ越し業者各社に電話で頼むなどしなければならず、かなり面倒な作業でしたが、、

 

現在は一度の申し込みで簡単にたくさんの見積もりを請求することができるサービスがありますので、利用しましょう!

無料で使える引越し業者の一括見積もりには、2つのタイプがあります。

  • 業者から見積もりが電話かメールで直接届くタイプ
  • ネットで相場金額の確認と業者選び・予約がすべて完了するタイプ

 

 

すでに紹介実績2,000万件以上 利用はタダの嬉しいサービスです♪

 

東京と札幌間の引越し

 

東京と札幌の引越しでもっと安い業者を探すなら!>>>Click!!

 

 

引越し料金はどのように算出されるか

引越し料金は荷物量や移動距離などで左右されるものです。引越し料金はどのように算出されるか簡単に説明しますと

 

基本料金+実費+オプションサービス=引越し料金

 

となります。

 

基本料金は距離制と時間制とがあり、距離制は100kmが基本となり、これを超えると追加料金となります。

 

時間制は4時間・8時間が基本時間となっていて、1時間を超えると追加料金となります。実費は作業員の作業料・資材料・交通費などです。

 

オプションサービスはエアコンの取り外しや掃除などで、業者によって内容に違いがあります。

 

東京と札幌間の引越し費用をさらに下げるためには

東京と札幌間の引越しでは長距離でもありますし、荷物が多いと時に は高額な費用が必要となります。その費用を極力抑える為にも引越について重要なことを知っておくようにしましょう。

 

最初に知っておきたいのが荷物の量による料金の変化です。運搬する荷物の量が多ければその分人手が必要となります。

 

また、トラックも大型の物を利用したり、台数を増やす必要があります。荷物の量が多ければ多いほど料金は高くなりますので、極力不要な物は処分しておくようにしましょう。処分する事で料金も安くなりますし、引越し先での荷物の整理が一段と楽になります。

 

不要品の処分は引越し費用の豆知識の基本的な部分ですので実行するようにしましょう。

 

東京−札幌間の引越し業者の料金をもっと安くするテクニック

東京と札幌間の引越し

業者のサービスを利用するのも料金を安くする為の一つの手です。サービス内容は業者によって異なりますが、例えば引越し日を業者の都合に合わせる事です。

 

通常は自分のスケジュールに合わせて引越しを行いますが、それを業者の都合に合わせる事で料金が割引になる事があります。時間の余裕がある場合なら利用してみましょう。

 

また、インターネットから申込みを行うだけで料金が割引になる事もあります。ちょっとしたポイントを知っておくだけで料金を安くする事ができるのです。

 

引越し費用の豆知識の中でも特に重要なのが一括見積りです。一括見積りは近年定番となっている料金を調べる方法です。簡単にそれぞれの業者の 料金が分かりますので、比較を行う際にとても便利です。そして、その一括見積りを利用する事で特典を受けられる事があります。料金が大幅に割引きになる事もありますし、人気の家電を貰える場合もあります。料金を安くする為の豆知識を身に付けておくこととともに引越し費用の目安をザックリとつかんでくださ い。そのためには一括引越し見積もりを積極的に利用することをオススメします。これは単身引越しをされる方にも役立ちますよ。

 

東京と札幌間の引越し

大手の引越し業者は互いにどれ位の料金をとっているのか把握しているので東京ー札幌間の料金目安を知っておけば値引き交渉をしやすいです。

 

業者の営業マンによっては受注のため強引な値引き交渉をしてくることもありますが、見積りを希望している業者全てと交渉してから決めたほうが後々後悔しないと思います。

 

まずは引越し業者複数から見積りを取ることからはじめて、業者間の料金・サービス内容を比較検討してから引越しを依頼しましょう。

 

東京と札幌間の引越し

 

東京と札幌間の引越し

 

 

東京⇔札幌の引越しで頼りになる引越し業者の紹介

サカイ引越センター

創業43年のサカイ引越センターは、元々関西を中心に引越しサービスを展開していましたは、今では売上高及び作業件数共に国内トップの引越し業者となっています。特に作業件数では、その差が開く一方です。

 

これまで引越し業界をけん引してきたのは日本最大の運送会社の日通でしたが、2013年についにサカイ引越センターに一位の座を明け渡します。そして、サカイ引越センターの年間売上高は2014年には700億円を突破し、名実ともに日本のリーディングカンパニーに成長しました。

 

では、なぜサカイ引越センターこれほど急激に業績を上げたのでしょうか。サカイ引越センターの特徴ともなっているお客様に合わせたきめ細やかなサービスを展開していることが大きな理由となっています。たとえば、忙しくて引越しの荷造りができない人のためのらくらくパックはどこの業者でも行っていることですが、サカイ引越センターではなんと4コースのらくらくパックコースを設定しています。

 

そうかと思えば、自分で行って少しでも費用を節約したい方のためには節約コースもきちんと設定しています。かゆいところに手が届くサービス展開は、業界最大手の日通にはなかった部分と言えるでしょう。また訪問見積もりでお米をプレゼントするなど独自のサービスも展開中です。

アート引越センター

アート引越センターは全国に営業所があり又、提携する引越しサービス会社も豊富です。先ずは担当営業所に連絡し担当者より詳細な説明が成されます。必要なのは現住所、新住所、引越し予定日、大体の荷物情報等ですが引越し先の電機・水道・ガスといったインフラサービスの連絡先も教えてくれます。予定日が近くなれば現住所へ担当者がダンボール箱にガムテープや梱包材を持ってきてくれます。後は荷造りを行い予定日を待ちます。

 

そして予定日の指定時間にトラックがやってきて引越し荷物の持ち出し開始。ただこの時のサービスはアート引越センターでは無く別の提携会社かも知れません。ちなみにハンガー掛けの服などは梱包せずそのまま専用箱に入れてくれますので時間が短縮できます。同様に皿などの食器・割れ物も専用箱で梱包してくれます。

 

基本トラックはフェリー使用で目的地へ向かいますので指定した到着予定日には本人が新居に先着してなければ成りません。多少予定時間に前後は有りますがトラックが到着し引越荷物の搬出です。担当する人数は規模にもよりますが基本2〜3人の様です。その為、実にてきぱきと動き思った以上に早く荷物を運んでくれます。当然、冷蔵庫の様な大型家電は傷が付かないように対処もしてくれますし組立ベッドなど出発地でバラした家具も新居で組立までやってくれます。

アリさんマークの引越し社

アリさんマークの引越し社は業界大手ということもあり、単身引越しサービスはもちろん家財道具や荷物が多い家族引越、長距離引越に至るまであらゆる事例に対応できます。

 

営業実績は30年を超えており、変化する家族形態や社会情勢に適応しながら臨機応変に営業形態も変えてきているので、誰にとっても満足感が高く安心して引越しサービスが依頼できます。そのようなアリさんマークの引越し社の中で最もニーズが高いのが単身引越しサービスであり、実家を出て離れた学校に進学する方や社会人が転勤する時に重宝されています。

 

単身となれば必然的に荷物の絶対量は少なめになるものの、担当するスタッフの人数は決して不足している印象が無いため、作業に余裕があり大切に物を取り扱いしてくれます。もちろん、十分人手が足りているので依頼主が一緒になって動く必要性が無い上に、時間制が採用されているわけでもないので落ち着いて依頼できます。

 

一方、一家族がお引っ越しするとなれば大変多くの洋服や家電、家財道具を積み込むことになるので料金が嵩んでしまいがちになるものの、アリさんマークの引越し社なら小さい段ボール箱などの荷解きを自分で済ませるようにすると安価に済みます。

クロネコヤマト

クロネコヤマトの引越しサービス「引越し見積もりEX」は、大手をはじめとした全国で100を超える引越し業者と提携したものです。サイト内で見積もりをおこなうと、一括見積もりとして即座に料金を提示してくれます。 業者さんによって得意なエリアや空いている時間が異なり、それらが一括で見積もりされるため、「このエリアのこの時間帯であればもう少し安くできる」という風に、複数の業者さんによる値引きの競合がおこなわれるため、一般的な引越しより安くなる可能性が高いです。最大で50パーセントの割引がされることもあります。業者さんは、クロネコヤマトの審査基準に達している安心できるところですし、引越しで運ぶ荷物の種類や人数に合わせて複数の業者さんがピックアップされるので、選択できる自由もあります。

 

複数の業者さんからピックアップされるので、急な引越しでも対応してくれるところが見つかり易いですし、引越しだけでないプラスアルファサービスをしてくれるところもあります。 引越し見積もりEXの見積もりは、インターネットのサイトに簡単な情報を入力するだけで無料でおこなってくれます。気軽におこなえるので、引越しをお考えの方もそうでない方も、指標として一度見積もりをされてみてはいかがでしょうか。

日通

日通は、全国展開を行っている引越しサービスで、各地に約40支社230店舗以上を誇ります。また、個人向けに加え、法人向け引越しサービスも展開しているので、日通は幅広く信頼され選ばれているといえます。

 

個人の引越しサービスに注目すると、家族や単身向けのプランが充実していたり、目的に合わせてお得に選べることが分かります。なるべく節約して引越ししたい、という家族には、小物を自分たちでまとめるセルフプランが用意されています。節約したい、でも手間も減らしたい場合は、小物の箱詰めがサービス内容に加わる、ハーフプランの選択がお得です。勿論、忙しい人には日通が全てを引受けるフルプランもありますから、予算や目的と相談しながら、無理なく快適な引越しが実現するでしょう。

 

一方、単身向けの引越しサービスでは、荷物の量や引越しの距離に応じて、最適なプランが選べるようになっています。引越し準備の中でも、見積もりは面倒な印象ですが、日通なら料金不要のフリーダイヤル、あるいはウェブサイトで簡単に済ませられます。インターネットなら最短1分、単身向けは下見不要で見積もり可能ですから、気軽に相談できる引越しサービスに違いないでしょう。全国規模の流通ネットワークが使える、これが日通の強みで、誰もが納得の引越しを実現しています。1年間の新生活無料サポートも付きますし、24時間受付の相談窓口もありますから、安心の面でも魅力的です。

 

東京と北海道札幌市間の引越しでためになる知識

全部を業者にお任せする引越し

引越しの方法の中には全部お任せ引越しというものがあります。これは文字通り引越しの全てを引っ越し業者に任せるというイメージです。

 

当然ながら、引越し費用は通常の場合と比べると高い設定になっています。単身の場合にこのプランを使うことは少ないでしょうから、ほとんどの場合が家族の引越し向けと言うことになります。全部お任せ引越しの場合の標準のプラントとの大きな違いは荷造りや荷解きを引っ越し業者が全てやってくれるということでしょう。プランによっては引越し前、引越し先の掃除もしてくれるプランもあるようですが。

 

このプランを利用される方は荷作りする時間がないとか、体力的な問題があるとか、引越ししたらすぐにでも片付けができていないといけない事情があるといった方が多いようです。基本、全部お任せなので引越し前の荷造りや引越し先での荷解きや配置、片付けなどは的確に指示をする必要があります。事前に家具や荷物などの配置や収納をきっちりと決めておく必要があるということです。

 

ただ、この全部お任せ引越しの問題点はプライベートな部分を人に任せることになること、貴重品などの管理をしっかりしておかなくてはいけないことなどが考えられます。さらに、いくら全部お任せと言っても捨てるものや必要なものの選択は引越し業者には出来ませんから基本的には付きっきりで引越し前も引越し後も的確な指示をしていかなくてはなりません。どうしても任せられない部分だってあるでしょうし、いつも見ておくことが必要となります。

一般的な引越しの費用

一般的な引越しというと、親子4人の引越しというパターンがどの引越し業者でもレギュラーパターンとして設定されています。どこの引越し業者の引越し費用のシュミレーションもこのパターンだと見てよいと思います。

 

基本はトラックが4トン〜6トン車1台と言うところでしょうか。かかる引越し費用は引越し業者によって当然、差は出てきますが、近距離の引越しなら地元の中堅業者、遠距離なら荷物の安全や保障も考えて大手の引越し業者がオススメとなります。

 

あとは、引っ越す季節や曜日、時間帯、荷物の量によって費用は変わってきます。引越しの場合、予め予定されていた引越しなら綿密に計画を練っていかに安く引越しをするかを考えて日時や曜日、時間の設定をしたらよいのですが、意外と必要に迫られての引越しと言うほうが多いのも実情です。

 

つまり、引越しの予定はなかったけれども急遽決まったというようなパターンです。こうなると季節やら日時と言ってられません。この部分は多少とも引っ越し費用がかかっても仕方がない部分となってしまいます。

 

唯一、自分たちで節約できる方法があるとすれば荷物の量だけと言うことになります。ここでも時間のない中での準備となりますのでキツイかもしれませんが、不要なものはできる限り処分することが大前提となってきます。エアコンなどの大型家電製品も取り外しや取り付けに何万円もかかるなら引越し先で改めて購入したほうが、荷物も減るし良い場合もあります。

業者さんと上手くいく秘訣

見積もりとは、業者側が引越しにかかる費用の概ねを「その条件でしたらこれぐらい」と提示するものです。この時作成された見積もり書は、その後引越しの作業の流れのたたき台になりますのでとても大事なものです。

 

本格的に担当者に見てもらう見積もりは、ある程度荷物をまとめないとできませんが、インターネットの簡易見積もりは、今からできますし、どれぐらい費用が掛かるかをざっと把握するのに役に立ちます。お金のことがわかっていれば、オプションの量などを変えられますので、お時間のあるうちになさっておくことをお勧めします。

 

 

単身引越しの場合額が少ないので、値切ることが可能かは、微妙ですが、引越し業者の多くは交渉次第で、少し有利な条件にしてくれるところもできます。筆者は物を買うときにまけてもらったり、おまけをもらったりすることが多い人間です。欲しいものは、必ず人の助けを借りて見つけ出します。交渉術の1部をご紹介しましょう。

 

まずは、フットインザドア、相手にとって簡単なことをお願いして、徐々に要求のレベルを上げる方法です。次はドアインザフェイス。わざと無理難題を吹っかけてから、徐々にレベルを下げていきます。

 

 

でも、こういう交渉術よりも役に立つのは「どうしてもこのサービスを利用したい」という熱意と「あなたを信用しています」という態度です。「ありがとうございます。お願いしてよかった。またお願いしますね」「欲しいもん見つかってめっさ満足、ありがとう」とお礼を言ったら「もっとたくさん持っていきな」と山のように荷物が増えてしまったことがあります。家電量販店や引越し屋さん、リフォームの業者さんなども随分と融通をはかってくれたものです。因みに計算などしていませんよ。思ったことを素直に表現するのが、業者さんと上手くいく秘訣です。

更新履歴