東京−札幌の引越し費用 料金相場はだいたいいくら?

東京から札幌に引越しを考えている方、札幌から東京に引越しを考えている方は長距離なので引越し料金がどれくらいかかるのか気になりますよね。

 

実際に業者選びを怠ったために50万円以上の高額の料金が掛かってしまったという人が私の身内にいたりします。。

 

東京と札幌のような長距離では数十万円の費用差が業者の違いによって起こりうることを知りました。

 

でもこれはある意味仕方のないことなのかもしれません。転勤をよくする方じゃなければ、東京と北海道間のような長距離引越しの適正な価格がどのくらいなのか?普通は知らないですからね。

 

まずは東京−札幌間の引っ越し料金の目安を知ること!

なのでまずは東京−札幌間の引越し料金の目安を知っておくと引越し業者を選びやすくなります。では、東京〜札幌間の引越し料金の目安はというと

 

東京と札幌間の引越し

移動距離にして約840kmで

  • 単身者で5〜15万円位
  • 二人世帯で12〜35万円位
  • 四人家族で15〜45万円位

というのがおよその費用帯となるようです。もちろんこれは、あくまでも目安なので荷物量が多い方やや引越しの繁忙期などは割増となることもありますのでこの点は注意してください。

 

東京ー札幌の引越しで損をしないためには見積もり比較が必須です!

東京と札幌間の引越し

この目安料金を基準として各業者の引越し料金を見積もりで比較してみましょう。

 

見積もりは数年前であれば、引っ越し業者各社に電話で頼むなどしなければならず、かなり面倒な作業でしたが、、

 

現在は一度の申し込みで簡単にたくさんの見積もりを請求することができるサービスがありますので、利用しましょう!

無料で使える引越し業者の一括見積もりには、2つのタイプがあります。

  • 業者から見積もりが電話かメールで直接届くタイプ
  • ネットで相場金額の確認と業者選び・予約がすべて完了するタイプ

 

 

すでに紹介実績2,000万件以上 利用はタダの嬉しいサービスです♪

 

東京と札幌間の引越し

 

東京と札幌の引越しでもっと安い業者を探すなら!>>>Click!!

 

 

引越し料金はどのように算出されるか

引越し料金は荷物量や移動距離などで左右されるものです。引越し料金はどのように算出されるか簡単に説明しますと

 

基本料金+実費+オプションサービス=引越し料金

 

となります。

 

基本料金は距離制と時間制とがあり、距離制は100kmが基本となり、これを超えると追加料金となります。

 

時間制は4時間・8時間が基本時間となっていて、1時間を超えると追加料金となります。実費は作業員の作業料・資材料・交通費などです。

 

オプションサービスはエアコンの取り外しや掃除などで、業者によって内容に違いがあります。

 

東京と札幌間の引越し費用をさらに下げるためには

東京と札幌間の引越しでは長距離でもありますし、荷物が多いと時に は高額な費用が必要となります。その費用を極力抑える為にも引越について重要なことを知っておくようにしましょう。

 

最初に知っておきたいのが荷物の量による料金の変化です。運搬する荷物の量が多ければその分人手が必要となります。

 

また、トラックも大型の物を利用したり、台数を増やす必要があります。荷物の量が多ければ多いほど料金は高くなりますので、極力不要な物は処分しておくようにしましょう。処分する事で料金も安くなりますし、引越し先での荷物の整理が一段と楽になります。

 

不要品の処分は引越し費用の豆知識の基本的な部分ですので実行するようにしましょう。

 

東京−札幌間の引越し業者の料金をもっと安くするテクニック

東京と札幌間の引越し

業者のサービスを利用するのも料金を安くする為の一つの手です。サービス内容は業者によって異なりますが、例えば引越し日を業者の都合に合わせる事です。

 

通常は自分のスケジュールに合わせて引越しを行いますが、それを業者の都合に合わせる事で料金が割引になる事があります。時間の余裕がある場合なら利用してみましょう。

 

また、インターネットから申込みを行うだけで料金が割引になる事もあります。ちょっとしたポイントを知っておくだけで料金を安くする事ができるのです。

 

引越し費用の豆知識の中でも特に重要なのが一括見積りです。一括見積りは近年定番となっている料金を調べる方法です。簡単にそれぞれの業者の 料金が分かりますので、比較を行う際にとても便利です。そして、その一括見積りを利用する事で特典を受けられる事があります。料金が大幅に割引きになる事もありますし、人気の家電を貰える場合もあります。料金を安くする為の豆知識を身に付けておくこととともに引越し費用の目安をザックリとつかんでくださ い。そのためには一括引越し見積もりを積極的に利用することをオススメします。これは単身引越しをされる方にも役立ちますよ。

 

東京と札幌間の引越し

大手の引越し業者は互いにどれ位の料金をとっているのか把握しているので東京ー札幌間の料金目安を知っておけば値引き交渉をしやすいです。

 

業者の営業マンによっては受注のため強引な値引き交渉をしてくることもありますが、見積りを希望している業者全てと交渉してから決めたほうが後々後悔しないと思います。

 

まずは引越し業者複数から見積りを取ることからはじめて、業者間の料金・サービス内容を比較検討してから引越しを依頼しましょう。

 

東京と札幌間の引越し

 

東京と札幌間の引越し

 

 

東京と北海道札幌市間の引越しでためになる知識

全部を業者にお任せする引越し

引越しの方法の中には全部お任せ引越しというものがあります。これは文字通り引越しの全てを引っ越し業者に任せるというイメージです。

 

当然ながら、引越し費用は通常の場合と比べると高い設定になっています。単身の場合にこのプランを使うことは少ないでしょうから、ほとんどの場合が家族の引越し向けと言うことになります。全部お任せ引越しの場合の標準のプラントとの大きな違いは荷造りや荷解きを引っ越し業者が全てやってくれるということでしょう。プランによっては引越し前、引越し先の掃除もしてくれるプランもあるようですが。

 

このプランを利用される方は荷作りする時間がないとか、体力的な問題があるとか、引越ししたらすぐにでも片付けができていないといけない事情があるといった方が多いようです。基本、全部お任せなので引越し前の荷造りや引越し先での荷解きや配置、片付けなどは的確に指示をする必要があります。事前に家具や荷物などの配置や収納をきっちりと決めておく必要があるということです。

 

ただ、この全部お任せ引越しの問題点はプライベートな部分を人に任せることになること、貴重品などの管理をしっかりしておかなくてはいけないことなどが考えられます。さらに、いくら全部お任せと言っても捨てるものや必要なものの選択は引越し業者には出来ませんから基本的には付きっきりで引越し前も引越し後も的確な指示をしていかなくてはなりません。どうしても任せられない部分だってあるでしょうし、いつも見ておくことが必要となります。

一般的な引越しの費用

一般的な引越しというと、親子4人の引越しというパターンがどの引越し業者でもレギュラーパターンとして設定されています。どこの引越し業者の引越し費用のシュミレーションもこのパターンだと見てよいと思います。

 

基本はトラックが4トン〜6トン車1台と言うところでしょうか。かかる引越し費用は引越し業者によって当然、差は出てきますが、近距離の引越しなら地元の中堅業者、遠距離なら荷物の安全や保障も考えて大手の引越し業者がオススメとなります。

 

あとは、引っ越す季節や曜日、時間帯、荷物の量によって費用は変わってきます。引越しの場合、予め予定されていた引越しなら綿密に計画を練っていかに安く引越しをするかを考えて日時や曜日、時間の設定をしたらよいのですが、意外と必要に迫られての引越しと言うほうが多いのも実情です。

 

つまり、引越しの予定はなかったけれども急遽決まったというようなパターンです。こうなると季節やら日時と言ってられません。この部分は多少とも引っ越し費用がかかっても仕方がない部分となってしまいます。

 

唯一、自分たちで節約できる方法があるとすれば荷物の量だけと言うことになります。ここでも時間のない中での準備となりますのでキツイかもしれませんが、不要なものはできる限り処分することが大前提となってきます。エアコンなどの大型家電製品も取り外しや取り付けに何万円もかかるなら引越し先で改めて購入したほうが、荷物も減るし良い場合もあります。

業者さんと上手くいく秘訣

見積もりとは、業者側が引越しにかかる費用の概ねを「その条件でしたらこれぐらい」と提示するものです。この時作成された見積もり書は、その後引越しの作業の流れのたたき台になりますのでとても大事なものです。

 

本格的に担当者に見てもらう見積もりは、ある程度荷物をまとめないとできませんが、インターネットの簡易見積もりは、今からできますし、どれぐらい費用が掛かるかをざっと把握するのに役に立ちます。お金のことがわかっていれば、オプションの量などを変えられますので、お時間のあるうちになさっておくことをお勧めします。

 

 

単身引越しの場合額が少ないので、値切ることが可能かは、微妙ですが、引越し業者の多くは交渉次第で、少し有利な条件にしてくれるところもできます。筆者は物を買うときにまけてもらったり、おまけをもらったりすることが多い人間です。欲しいものは、必ず人の助けを借りて見つけ出します。交渉術の1部をご紹介しましょう。

 

まずは、フットインザドア、相手にとって簡単なことをお願いして、徐々に要求のレベルを上げる方法です。次はドアインザフェイス。わざと無理難題を吹っかけてから、徐々にレベルを下げていきます。

 

 

でも、こういう交渉術よりも役に立つのは「どうしてもこのサービスを利用したい」という熱意と「あなたを信用しています」という態度です。「ありがとうございます。お願いしてよかった。またお願いしますね」「欲しいもん見つかってめっさ満足、ありがとう」とお礼を言ったら「もっとたくさん持っていきな」と山のように荷物が増えてしまったことがあります。家電量販店や引越し屋さん、リフォームの業者さんなども随分と融通をはかってくれたものです。因みに計算などしていませんよ。思ったことを素直に表現するのが、業者さんと上手くいく秘訣です。

更新履歴